排水管 水漏れは、非常に大変なトラブル

排水管 水漏れは、非常に大変なトラブル 水のトラブルの中でも見つけづらく、後の処理が大変なのが排水管 水漏れです。下水に流す水が漏れているため臭いが気になるものです。地下に埋めていることや簡単に修理を行うことができない場所でも修理を行わなければいけない厄介な水のトラブルです。
排水管のトラブルは、長い時間気がつかないこともあります。地中に埋まっている場所や床下の場合、水漏れによる影響が分かりづらく、気が付かないまま数年放置してしまうこともあります。そのため状況がかなり悪化していることがあり、大掛かりな工事を行う必要もあります。できるだけ早めに気が付いておきたいため、日常生活で水の流れに違和感がある場合、早めに点検してもらうことを検討しましょう。

■身近な場所は気が付きやすい  

排水管 水漏れは、場所によっては早く気がつくことがあり、臭いが発生する気が付くこともできます。特に台所の排水溝の下や洗面所の排水溝の下の部分になると、収納を利用している時に気がつくこともあるでしょう。このような場所で発生している水漏れは自分たちでも比較的修理しやすく、早めに気がつくことがトラブルを防ぐことになります。
しかし、これらの場所以外になるとはっきりと確認することも難しく、業者でなければ対応できない場所とも言えます。水回りはほぼ毎日使用する場所であるため、そのまましばらく様子見、ということはできません。完璧に修理を行わないと同じようなトラブルが発生する可能性もあり、何度も発生する場合にはやはり専門業者に依頼することが1番良い解決方法になります。

■排水管から水が漏れる原因を考える
水漏れ自体頻繁に発生することはありませんが、排水管の状態から、水が漏れた原因は程度特定できます。長年使用している場合には経年劣化が原因と考えられます。特に接合部分が弱い部分になるので、破損が生じやすいものです。また、腐食が原因で劣化することもあります。ゴミなどがたまってしまうと排水が逆流して水が漏れてしまう原因にもなります。原因を解消するためには、ゴミを処理する必要があります。水漏れが発生するには原因があるため、その原因を知っておくと発生しないように工夫することができます。

■自分でできる適切な対処法

トラブルの原因が排水管であってもなくても、修理が来るまでに時間がかかる場合、そのまま放置することはできません。漏れている場所を特定することができれば、その場所に水を流さないようにすることができるため、まずは場所の特定を行っていきたいものです。場所が特定できればその周囲にあるものを片付けて被害の拡大を防ぐことができるでしょう。水漏れの場所が床下部分の場合には家財道具の保護もしっかり行う必要があります。ビニールシートで保護することや水漏れの被害を防ぐためにタオルを敷き詰めることが必要です。また、木製の家具が濡れてしまうとカビが生えてしまう可能性があるため、優先的に対応する必要があります。

■まとめ  
排水管の水漏れは場所を特定することが大切ですが、自分たちでは簡単に修理ができない場所で発生することも大いに考えられます。専門業者でなければできない対応もあるので、速やかに相談をすることが必要です。排水管は、長年使用していることで劣化していくものです。今までにない臭いが発生することがあれば水漏れを疑うことも必要です。状況によっては修理だけではなく交換しなければいけない可能性もあることを理解しておきましょう。水のトラブルの対応をしている修理業者に相談をすれば確認や工事を行ってくれます。修理が来る前にある程度、家具などの保護もしておきたいため、もし何らかのトラブルがあった場合には修理を依頼し、周囲のものを片付けましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース